レーシック 失敗しない視力回復 眼科比較

レーシックの用語集  あ行            

RK【アールケイ】

RKとは、近視の矯正方法の一種です。
正式名称をradial keratotomyといい、角膜の中央部分を扁平化することによって近視を矯正します。
しかし、術後のグレア、角膜内細胞の減少などの可能性があり現在はほとんど行われていません

アイトラッキング

アイトラッキングとは、眼の動きを正確に追いかけるシステムのことです。
暗視赤外線を使用することによって、エキシマレーザーを眼の中心にあてることができます。
このため、術中に眼が動いてしまうことがあっても安全でいられます。
角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)近視が矯正される。
また、検眼のデータをもとにレーザー照射を調節すれば、乱視・遠視も矯正できる。
マイクロケラトームの代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もあり レーシックの種類も幅広くなっている。


アレルギー性結膜炎 【 アレルギーセイケツマクエン】

アレルギー性結膜炎とは、花粉や空気中のほこりによって起こる眼のアレルギーのことをいいます。
眼やまぶたかゆくなり痛みも付加し、眼がゴロゴロした感じになります。

色収差 【 イロシュウサ】

色収差とは、光の色によって像の位置や大きさが異なる現象です。
像の色がにじんだり、縁取りが発生してしまい、光学機器の精度に悪影響を及ぼします。
また、色収差を除いたレンズを色消しレンズといいます。

イントラレーシック 【 イントラレーシック】

イントラレーシックとは、レーザーで作成するレーシック。
従来のレーシックではマイクロケラトームを用いてフラップを作成していましたが
イントラレーシックではレーザーを使用します。従来よりもフラップが薄く作成
できる一方、術後の接着に時間がかかるというデメリットもあります。

ウェーブフロントレーシック 【 ウェーブフロントレーシック】

ウェーブフロントレーシックとは、歪みによる屈折異常を矯正する
レーシック方法の一種です。
特殊な機材を使用し、角膜、水晶体など、眼の全体部の歪みを解析し、
その後そして角膜をエキシマレーザーで削る方法です。

エキシマレーザー 【 エキシマレーザー】

エキシマレーザーとは、レーシック手術においてレーザー光を発射させる装置です。
希ガスやハロゲン等の混合ガスを用いています。もともとは工業用として開発、
利用されていましたが、現在はレーシック手術において使用されるようになりました。

遠視 【 エンシ】

遠視とは、近くの物が見えにくい状態のことです。
遠視の人は、焦点が網膜の後ろにある状態です。
近視の人と逆の焦点になっています。

円錐角膜 【 エンスイカクマク】

円錐角膜とは、角膜がとがって前に飛び出してしまう病気です。
原因は角膜の中心が薄くなってしまうことです。角膜の形が変化してい
るため、視力の低下に繋がります。また、円錐角膜の方は
レーシック手術を受けることができません。

オルソケラトロジー 【 オルソケラトロジー】

オルソケラトロジーとは、角膜の表面にくせをつけ、視力を矯正します。
特殊な形のコンタクトレンズを装着することによってくせをつけます。
主に就寝時に装着するのが一般的です。
レーシック手術を受けることができない十八歳未満の方でも視力矯正が可能です。

レーシックの種類

レーシック
イントラレーシック
エピレーシック
ラセック
ウェーブフロント
フェイキックIOL
PRK
フレックスPRK
放射状角膜切開術(PK)

レーシック

レーシック ニュース

総合ランキングで選ぶ

エリアで選ぶ

見え方・クオリティで選ぶ

施術実績数で選ぶ

キャンペーンで選ぶ

保障期間で選ぶ

Copyright (C) 2010 レーシックで近視治療・視力回復. All Rights Reserved.